売り先行型と買い先行型とはの画像

売り先行型と買い先行型とは

不動産の疑問・知識

【売り先行型と買い先行型】不動産売却の耳より情報


本日は「売り先行型と買い先行型」についてご紹介します。

不動産の住み替えは、正しい順序で住み替えを進めることが重要です。

大きなお金が動くため、資金やその時の状況によって順序よく住み替えを進めることが必要です。

不動産の住み替えは、「買い先行」「売り先行」と呼ばれる順序で進めていくケースが多いです。

その中でも資金的余裕が無い理由で「売り先行」が一般的には多いと言われています。

不動産住み替えにおける「売り先行」とは、現在住んでいる家の売却を優先して進め、その後に新しい家の購入を進める買い替え手順のことです。

売り先行のメリットは、新しい家を購入する前に、現在の家を売却できるため、資金的な余裕がなくても住み替えができることです。また、新しい家を探す際にも、現在の家が売却済みであるため、スムーズに物件探しができます。一方、デメリットは、売却までに時間がかかるため、新しい家を購入するまでに時間がかかってしまうことです。また、売却完了後に新しい家が決まらなければ、一時的な仮住まい必要になる可能性があります。

不動産住み替えにおける「買い先行」とは

新しい家の購入を先に行い、そのあとから現在住んでいる家の売却を進めるという住み替え順序です。この場合、現在の家に住みながら新しい家を購入するため、一時的に2つの不動産を所有することになります。もし、現在の家の住宅ローンがまだ残っている状態で新しい家を購入すると、現在の家と新しい家の2つの住宅ローンを同時に返済することになります。このように、買い先行は資金に余裕のある方向けの住み替え順序です。一方デメリットは、売却が確定しないとローンを支払い続けることになるため、売却を急いでしまうことが挙げられます。売却を急ぐことで、市場価格よりも低い価格で売却することになる可能性があります。

本日は不動産住み替えにおける「売り先行型と買い先行型」について説明しました。

”不動産の疑問・知識”おすすめ記事

  • 住みながら売却を進めるための注意点の画像

    住みながら売却を進めるための注意点

    不動産の疑問・知識

  • インスペクションって何??の画像

    インスペクションって何??

    不動産の疑問・知識

  • 売却時のトラブルについての画像

    売却時のトラブルについて

    不動産の疑問・知識

  • 「売却時にかかる費用:税金」の画像

    「売却時にかかる費用:税金」

    不動産の疑問・知識

  • 売却時の担当営業の比較と重要性の画像

    売却時の担当営業の比較と重要性

    不動産の疑問・知識

  • 良い不動産会社とは?の画像

    良い不動産会社とは?

    不動産の疑問・知識

もっと見る

ページトップへ戻る