住みながら売却を進めるための注意点の画像

住みながら売却を進めるための注意点

不動産の疑問・知識

本日は「住みながら売却を進めるための注意点」についてご紹介します。


内覧時:きれいに見えるように整える

住みながら売却を進める場合、内覧時には自分たちの生活感をある程度抑える必要があります。どんなにいい物件でも、内覧時にネガティブな要素があると購入意欲が下がってしまう可能性があります。例えば、洗濯物や食器を片付けたりベッドを整えたりすることで、清潔感ある家を見せることができます。また、内覧時にはペットを外出させたり、他の部屋に移動させたりすることも必要です。


内覧時:安全面にも注意する

例えば、物件内部に危険な箇所がある場合は、購入希望者に事前に説明し、危険な箇所には十分に注意するように伝えましょう。また、内覧時には貴重品は身につけておき買主様が目の届くところに置いておかないようにしましょう。


内覧時:個人情報にも注意する

郵便物や書類など個人情報が記載されているような重要書類は目の届かないところにしまっておきましょう。購入希望者に気を遣わせないためにも、不要なものは出しておかないようにしましょう。


売却活動によるストレスに注意する

住みながら売却を進める場合、売却活動によるストレスにも注意が必要です。例えば、内覧や査定のために家を綺麗にすることが時間的な負担になる場合があります。また、購入希望者とのやりとりや交渉などもストレスの原因になることがあります。そのため、無理のないスケジュールで内覧の予定を組んでもらうよう不動産会社に依頼しておきましょう。


購入希望者とのコミュニケーションを大切にする

最後に、住みながら売却を進める場合には、購入希望者とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。例えば、内覧時には購入希望者に家の魅力をアピールし購入に前向きになってもらうように心がけましょう。物件の設備で気に入ってる点や周辺環境のメリットなど、住んでるからこそ分かる利点を伝えるようにしてください。また、購入希望者とのやりとりには、丁寧で明確なコミュニケーションを心がけることでスムーズに売却を進めることができます。


以上が住みながら売却を進める際に注意すべきポイントについての解説です。

住みながら売却を進めることは、家族の生活や精神的な負担が大きいこともあり注意が必要です。しっかりと準備をして購入希望者とのコミュニケーションを大切にすることでスムーズに売却を進めることができます。

”不動産の疑問・知識”おすすめ記事

  • 売り先行型と買い先行型とはの画像

    売り先行型と買い先行型とは

    不動産の疑問・知識

  • インスペクションって何??の画像

    インスペクションって何??

    不動産の疑問・知識

  • 売却時のトラブルについての画像

    売却時のトラブルについて

    不動産の疑問・知識

  • 「売却時にかかる費用:税金」の画像

    「売却時にかかる費用:税金」

    不動産の疑問・知識

  • 売却時の担当営業の比較と重要性の画像

    売却時の担当営業の比較と重要性

    不動産の疑問・知識

  • 良い不動産会社とは?の画像

    良い不動産会社とは?

    不動産の疑問・知識

もっと見る

ページトップへ戻る