売却時のトラブルについての画像

売却時のトラブルについて

不動産の疑問・知識

【売却時のトラブル】不動産売却の耳より情報


本日は「売却時のトラブル」についてご紹介します。

不動産売却は高額な取引であるためトラブルが発生することも少なくありません。実際によくあるトラブルについて紹介します。


媒介契約に関するトラブル

媒介契約に関するトラブルとして多い事例に、囲い込みがあります。

囲い込みとは、不動産会社が売り手と買い手両方から仲介手数料を得るために、物件の情報を公開せず他社からの問い合わせや紹介を制限する行為のことです。これは専属専任媒介契約の場合に起こるケースです。囲い込みが行われると、売却活動の遅延や、物件が安価に売りさばかれることから売主にはデメリットしかありません。囲い込みをされると他社からの問い合わせが制限されるため、買い手がつかない状態が続き、売却活動が長引いてしまう傾向にあります。また、意図的に買い手がつかない状態にしている可能性もあります。中々買い手がつかないので「物件の価格が高いから売れない」という口実で、値下げしようとします。結果的に、売主は損をし、不動産会社は両手仲介で通常の2倍の儲けになる、という極めて悪質な手法なのです。

気になることがあれば都度ご相談いただければと思います。


物件に関するトラブル

建物の雨漏りや家の傾き、シロアリの発生などについては、売主側の故意や過失がなくても「契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)」という民法上の責任が発生します。契約後にこのような瑕疵が発覚した場合、売主の責任として売却後であっても賠償請求される事があるケースがあるので、売り主側は売却する物件の状況を正確に不動産屋や買い手側に伝える必要があります。

事前に対策する方法として「ホームインスペクション(住宅診断)を実施する」という方法が上げられます。

プロに確認してもらうことで、意図しない契約後のトラブルが防げるため、事前に実施することをお勧めいたします。


媒介の種類や性質などは、売却を希望される方にきちんと説明させて頂きご理解して頂いた上で媒介契約を結ばせて頂いています。売却に関して少しでも不安がある方はお話しだけでも良いので是非ご相談下さい。

”不動産の疑問・知識”おすすめ記事

  • 住みながら売却を進めるための注意点の画像

    住みながら売却を進めるための注意点

    不動産の疑問・知識

  • 売り先行型と買い先行型とはの画像

    売り先行型と買い先行型とは

    不動産の疑問・知識

  • インスペクションって何??の画像

    インスペクションって何??

    不動産の疑問・知識

  • 「売却時にかかる費用:税金」の画像

    「売却時にかかる費用:税金」

    不動産の疑問・知識

  • 売却時の担当営業の比較と重要性の画像

    売却時の担当営業の比較と重要性

    不動産の疑問・知識

  • 良い不動産会社とは?の画像

    良い不動産会社とは?

    不動産の疑問・知識

もっと見る

ページトップへ戻る