不動産を高く売るの画像

不動産を高く売る

不動産の疑問・知識

売却前のリフォームは必要なの?


不動産を売るときに「売却する前に補修や修繕を行うべきかどうか」を気にする人は多いのではないでしょうか?

「少しでも見栄えを良くしてから売った方が高値で取引が成立しそう」
「見栄えの良い物件にした方が早く売れそう」
などと考える人もいるようですが、実際はどうなのでしょう。

まずは補修(リフォーム)が必要なケースをご紹介していきます。




■どういう時に補修が必要なの?

どのように住宅を使用してきたかにもよりますが、ポイントは「建築年数」と「設備の耐久年数」です。

1)建築年数
まず建築年数ですが、戸建住宅は築5~10年目から外壁の剥がれが始まり、10~15年で給排水設備の更新を考えるべきとされています。さらに、15年目以降は目で見て劣化が分かるところを交換していく形にすると住宅が長持ちするという声もあります。
劣化を確認し、建築年数に合わせた補修が必要です。

2)設備の耐久年
戸建住宅の各設備はそれぞれ耐久年数の目安が設定されています。これを元に補修を考えるのも一案です。

戸建住宅を補修するには本記事にあるような期間と費用が必要です。
戸建住宅を売るために補修が必要かどうかは、ぜひ美濃善不動産へご相談ください。当社は売買部(買いたい、売りたい)の他建築部(リフォームしたい、住まいのメンテナンス)がございます。

最終的に高く確実に売るためにはどの選択をするのが良いのか?という相談をしていただければと思います。

”不動産の疑問・知識”おすすめ記事

  • 内覧の準備について①の画像

    内覧の準備について①

    不動産の疑問・知識

  • 住みながら売却を進めるための注意点の画像

    住みながら売却を進めるための注意点

    不動産の疑問・知識

  • 売り先行型と買い先行型とはの画像

    売り先行型と買い先行型とは

    不動産の疑問・知識

  • インスペクションって何??の画像

    インスペクションって何??

    不動産の疑問・知識

  • 売却時のトラブルについての画像

    売却時のトラブルについて

    不動産の疑問・知識

  • 「売却時にかかる費用:税金」の画像

    「売却時にかかる費用:税金」

    不動産の疑問・知識

もっと見る

ページトップへ戻る